名古屋GWオフ
2000/4/30

名古屋では有名なスガキヤのらーめん。とにかく安いのが魅力。
しかし本当の魅力は甘いもの系であったりする。
マスターのスガキヤのクリームぜんざいが食べたいという強い希望により、
ヨシズヤ蟹江店内にあるスガキヤに集合となったホーネットMLのメンバーたち。
走る前に、まずはお昼を食べるのであった。(^^)


スガキヤにてCLEFさん

 
 

No.1 Mr.CLEF in the SUGAKIYA.

CLEFさんはホーネット600を購入したばかり。しかし当日は納車が残念ながら間に合わなかった。
そのうちジムカーナ仕様になったホーネットでばったりあったりするんだろうなぁ。

ラーメンを食す若葉さん

 
 

No.2 She is WAKABA.

若葉さんもなかなかの食欲!?
一緒にクリームぜんざいも食べました。

若葉さんのレポートもチェックしてね。
 

ますたぁのホーネット

 
 

No.3 River side Hornet

何か言いたげなホーネット。それともライダーが語りかけたいと思うからこそ、そう見えるのか...

 

船と一緒に

 
 

No.4 With Boat.

ちっと愛車の撮影会になってしまいました。(^^;
でも斜め後方から見るホーネットって魅力的です。


 
 

No.5 Setting of fork.

先日、とりあえず付けたフロントフォークの調整機構。
しかし、自分のライディングスタイルに合わせてセッティングしなければ何の意味もない。

せっかくだからいろいろと試して走ってみた。すごいすごい!とその威力に驚きました。

若葉さんのセクシーポーズ

 
 

No.6 Wakaba's Hornet600

セクシーポーズを要求すると応えてくれる若葉さん。(^^)
ホーネットMLのステッカーと赤いスラッシュガードが目立っています。

ショッカーのゼファー

 
 

No.7 Shocker's ZR750C.

走る前にゼファーの手入れをする飛び入り参加のショッカーくん。
名古屋地区のエキスパートライダーです。
 

走る若葉っち

 
 

No.8 Wakaba running!

バイロンを走り抜ける若葉さん。力みのないフォームでいい感じ。
慣れてきたら、もう少し顎を引いて目線に気を付けてみようね。
 


 
 

No.9 Wakaba running! Part2

何度か走るうちにタイミングよくスラロームが出来るようになった若葉さん。
結構、上達が早いかも!? がんばれ目指せ女性ジムカーナライダー!!
 


 
 
マスターライディング

No.10 Master running! (1/3)

ますたぁも少し練習する。

バイロンをターンするだけなんだけど、基本的なことを確認しながら乗っているのです。
このとき既にバイロンをすれすれに通り抜けるライン取りを通ったうえで、次の目標に目線を合わせています。
目線というのが、実はすごく重要なんです。

マスターライディング

No.10 Master running! (2/3)

バイロンを抜けたら後は次のバイロンに向かって突っ込んでいくのみ!
実はコーナーに入る前から既にアクセルを開けられる態勢を準備しているから出来るのです。これが簡単なようでなかなか出来ないんですよ。

 


No.10 Master running! (3/3)

コーナーの立ち上がりでもアクセルを開けながらどんどん向きを変えていくことができます。
これが激しくなってタイヤのグリップ限界付近に達すると、ドリフトというものになります。
そのうちいい絵が撮れたらまた披露したいと思います。

戻る